M6.2八丈島南方沖(2016年2月15日発生)

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、「埼玉から房総半島にかけて、通常とは違う地殻変動」が発生しているため「相模トラフ周辺」において2週間以内に「M6以上」の地震発生の可能性が高いことを、2016年2月8日に配信した「地震予兆解析レポート(2016年2月16日までに発生する地震)」において発表しました。

その結果、八丈島南方沖にて「マグニチュード6.2」の地震が発生しました。

過去データを解析した予測よりも、遠海のため、「最大震度2」という、小規模な震度であるため、大きな被害が発生しなかったことは幸いでした。


先週のレポートに掲載した「2月16日までに発生する地震」についての的中は下記表をご覧ください。

最新週の地殻変動の解析による2月23日までに発生が予測される地震につきましては、下記をご覧ください。

http://eprc.or.jp/info/20160215


■解析技術の詳細については下記をご覧ください。

一般社団法人地震予兆研究センター:解析技術

http://eprc-japan.top/program

一般社団法人地震予兆研究センター:国際特許

http://eprc-japan.top/patent

八木下重義 - (一般社団法人地震予兆研究センター センター長) 地震予兆解析情報

一般社団法人地震予兆研究センター センター長の八木下重義が、TOPICSや考察を随時アップしてゆきます。その中には、合成開口レーダー衛星ALOS-2のデータ解析や、Iternational GNNSをデータソースとした日本全国1350地点の電子基準点解析による変動値、20年間のデータベースから過去の大地震前に発生している地殻変動値を照会し、同様トレンドで発生している地震データを発表。

0コメント

  • 1000 / 1000