速報:奄美大島で発生した地震

一般社団法人地震予兆研究センター(センター長 八木下重義)が2016年1月4日に配信した最新のレポートに表記した東北地方の大きな地殻変動ですが、日々のデータでは、同様方向への変動は続いておりますが急激には大きくなっていません。
また、前週のレポートで、M5:奄美大島と明記し、更には今週水曜日に
facebookに下記のように、沖縄本島、奄美大島の異常な地震発生回数を記載しました。
https://www.facebook.com/eprcjapan/
奄美大島、沖縄本島の地震発生が急激に増えているため注意が必要と明記したところ、1月9日23:12頃に、奄美大島でマグニチュード5.5の地震が発生しました。
幸いなことに現在のところ、東北地方では、地震発生回数も急激には増えておりませんが、奄美大島のように、異常な地殻変動や、異常な地震発生回数が観測されると大地震発生の可能性がありますので
その際には事前にアラートしたいと思います。

八木下重義 - (一般社団法人地震予兆研究センター センター長) 地震予兆解析情報

一般社団法人地震予兆研究センター センター長の八木下重義が、TOPICSや考察を随時アップしてゆきます。その中には、合成開口レーダー衛星ALOS-2のデータ解析や、Iternational GNNSをデータソースとした日本全国1350地点の電子基準点解析による変動値、20年間のデータベースから過去の大地震前に発生している地殻変動値を照会し、同様トレンドで発生している地震データを発表。

0コメント

  • 1000 / 1000